BLOG

【首都で完了!大規模ワクチン接種計画】 カンボジア不動産はアンナアドバイザーズ

2021/07/14

こんにちは、アンナアドバイザーズの荒木杏奈です。
今回は、カンボジアのワクチン接種についてお伝えいたします。


カンボジア保健省は8日、首都プノンペンで18歳以上を対象とする新型コロナウイルスワクチン接種計画が完了したと発表。プノンペン・ポスト(電子版)が同日伝えました。

保健省広報官によると、プノンペンでは2月10日から今月7日までに210万人以上がワクチン接種を受けました。この数は、2019年の国勢調査で記録されたプノンペンの成人人口を約21%上回る水準になります。


保健省は現在、南部カンダル州やシアヌークビル州、タケオ州など14州での接種計画を進めており、ワクチンの到着状況によっては、今月中に国内全州で接種を開始できる見通し。
北西部シエムレアプ州では、10日から本格的に接種を始めることを同州知事が発表しています。

政府は年内に人口の62%に当たる1,000万人、来年前半には1,300万人への接種を完了する方針を示しています。
参考:NNA ASIA アジア経済ニュース

 

海外不動産、東南アジア投資が初めての方、他社と比べてみたい方、日本円以外での資産形成を検討したい方、他国のように海外送金が難しいのでは?管理など面倒では?とご心配の方、ぜひ弊社にお問い合わせください。


note_カンボジア不動産お..