PROPERTY物件情報

Embassy Residences

2018/07/19
  • '.@image_alt.'

2017年5月、プノンペンの大使館エリアに完成した、カンボジアでは有名な「ブラウンコーヒー」のオーナーが手がけるデザイナーズコンドミニアムです。
本プロジェクトの開発会社のアーバンランド社は、カンボジア国最大手の建設資材会社のISIスティール社を中核としたグループ企業。市内中心部にデザイナーズマンションの開発を行っております。

オーナーのホック・カン氏は自らが建築士でもあり、米国留学後、日本でも隈研吾建築都市設計事務所にて勤務した経歴を持ち、「空間をクリエイトする」をコンセプトに洗練されたコンドミニアムやオフィスビルの開発や商業施設の建築、またカンボジア最大手のコーヒーチェーン「BROWN COFFEE」の運営を行っております。

周辺には、日本大使館・タイ大使館・マレーシア大使館・インドネシア大使館・ベトナム大使館・パキスタン大使館・内務省などがあり、上品なエリアになります。日系企業も入るアイコンビル(The iCON Professional Building)・プノンペン商業銀行本店も徒歩圏内です。
また、近年オープンしたイオンモールまでも車で5分の距離になります。プノンペン市の中心に位置しているので、市内のどこへ行くにもアクセスは抜群です。

開放的なリビング・ダイニングと、広々とした上質なクローゼットと水回りが魅力の、50㎡ 1Bed Roomからご用意かございます。
お部屋の中の設備や家具のクオリティーは高く、ドイツの水栓メーカーグローエ(GROHE)をはじめとする水回り、イタリアン家具を使用した大変贅沢な造りになっております。単身・カップルでゆったり過ごせるシンプルな間取りです。

アーバンランド株式会社 代表取締役 ホック・カン
1983年カンボジア生まれ
2009年米国セントルイス州ワシントン大学にて建築学と経営学の2つの学位を取得、その後2010−2011年に日本の隈研吾建築都市設計事務所にて勤務、カンボジア帰国後は、ホック・カン設計事務所を設立する傍ら、コーヒーチェーン店「Brown Coffee」の共同経営者として同社を設立し、現在はプノンペン市に12拠点を展開し、カンボジアではスターバックスより有名で人気店となっている。2013年不動産開発会社のアーバンランド社を設立し、同社代表取締役に就任。​​​

Floor Plan

  • '.@image_alt11.'