Useful information

カンボジア投資のメリットとは?

2021/04/14

海外不動産投資の中でも、投資先としてはまだメジャーではない「カンボジア」で不動産投資をする場合のメリットについてご案内いたします。


▼カンボジア投資のメリットとは?

メリット1:不動産市場の成長性

海外不動産投資の魅力は、なんといってもこの先の成長性です。2009年にリーマンショックで落ち込んだカンボジアの経済成長率ですが、翌年2010年からコンスタントに優秀な数値を示しており、2018年は7.53%と最近では平均7%を維持しています。

理由としては、経済成長が続くカンボジアは外資規制が無く、日本企業や海外企業の進出が加速、さらには、中国人観光客や投資家など、カンボジアを訪れる中国人は増加しており、カンボジアの不動産業界の成長を助長しているといえるでしょう。

首都プノンペンの不動産投資市場は盛り上がりを見せています。

本年は新型コロナウイルスの影響もあり、他国同様成長率は思わしくないと見られていますが、首都プノンペンの不動産物件に関しては、弊社が扱っている物件では新型コロナウイルスによる工事の遅延はなく、順調に進んでおります。



メリット2:非居住者でも銀行口座が開設でき高い金利がつく

カンボジアでは、非居住者でも口座開設することができる銀行がまだ比較的多くあります。
東南アジアの他の国では、非居住者では開設ができないよう規制を強めているのが現状です。

ただしカンボジアでも、最近は厳しくなってきており、不動産購入の契約書や現地企業の雇用証明書などが必要になった銀行もあります。
今後、非居住者は開設できなくなる可能性もあるため、口座開設をしたいと考えている人は、できるだけ早く開設する事をおすすめします。

なお、カンボジアには定期預金で6%以上の金利がつく銀行もあるため、コンドミニアム投資をした際には、カンボジアの銀行口座に賃料を振り込むことで、賃料だけでなく金利の恩恵を受けることができます。

メリット3:東南アジアで唯一「米ドル建て」が可能

カンボジアは自国通貨のリエルがありますが、実質的に米ドルが流通しているため、米ドル決済ができます。
そのため、為替による通貨不安定の影響の心配はなく安定した投資環境にあることが最大の魅力です。
家賃収入や売却益などを米ドル建てで運用でき、その資金をそのまま世界中に持ち出しできるのです。

一方、カンボジアを除く東南アジアの全ての国の不動産は、自国通貨建ての資産のため、カンボジアは「米ドル決済が可能な東南アジア唯一の国」となります。
投資で得た利益も米ドルで受け取ることができますので、通貨変動に収益を左右されず、安心して利益を上げることが可能です。



メリット4:完全区分所有が可能で、保証つきの案件が多い

2010年の法改正に伴い、非居住者の外国人でもコンドミニアムを保有すること(登記)が可能になっています。
コンドミニアムは、個人でも、法人でも購入が可能です。

また、2〜10年間家賃保証つきの物件もありますので、通常は引き渡し後のメンテナンス工事が多く、すぐに賃貸付けしにくい東南アジアでは、家賃保証付きを選ぶこともおすすめです。

また、買取保証付きの新築物件もあります。
保証なし・家具なしのオプションがある物件がありますが、カンボジアではほとんどの家具は輸入となり、個人での手配は大変ですので、余程こだわりがある場合を除いて、家具付きを選ぶ方がいいでしょう。