Useful information

カンボジア銀行口座の開設方法を紹介!メリットやリスクを解説

執筆者:荒木 杏奈

アンナアドバイザーズ株式会社

2022/06/13

海外不動産の投資先としても注目を浴びているカンボジアですが、実は外国人でも銀行口座を開設することができます。

カンボジアの銀行は日本の銀行と比較して金利も高く、基軸通貨である「米国ドル」で預金ができる点も非常に魅力的と言えます。

現地への移住を考えられている方はもちろんのこと、日本に居住しながら口座の開設をすることもできます。

そこで今回は、カンボジアの銀行口座を開設する方法と、そのメリットやリスクを併せて紹介します。

 目次     
1. 日本人でも開設可能
2. カンボジアに口座を開設するメリット
 (1) 国内銀行の1,000倍以上の金利
 (2) 米国ドル預金が可能
 (3) ネットバンクに対応
3. 口座開設のリスクは?
 (1) 口座凍結リスク
 (2) 無保証リスク
 (3) 為替リスク
4. 代表的な銀行は?
 (1) ABA銀行
 (2) アクレダ銀行
 (3) カナディア銀行
5. まとめ





 1. 日本人でも開設可能 
外国人ではカンボジアの銀行に口座を開設することはできないのでは?と考えられる方もいらっしゃるでしょう。

結論からお伝えしますと、銀行にもよりますが外国人でもカンボジアの銀行の口座開設は可能です。

東南アジア諸国では、現地に居住している方しか銀行口座の開設はできない場合が多いですが、カンボジアでは日本人であっても口座の開設が認められています。この点は他の東南アジア諸国と比較しても大きなメリットがあります。

カンボジアの銀行へ口座開設の際には、現地に赴いて直接手続きを行う他、インターネットを通して郵送で書類のやり取りを行う方法もありますので、希望の銀行に問い合わせると良いでしょう。

しかし、口座開設に関してはルールが変わってしまう可能性があります。銀行によっても対応が異なりますので、まずは現地の銀行をインターネットで調べ尋ねてみるか、問い合わせを代行している業者に依頼してみましょう。


 

20220603-1.png




 2. カンボジアに口座を開設するメリット 

 (1) 国内銀行の1,000倍以上の金利 
銀行にもよりますが、カンボジアの銀行のドル建て定期預金の相場は4%から5%です。
つまり、カンボジアの銀行に定期預金として1万ドル預けておくだけで、1年後には1万500ドルになり、年間約500ドルの利息を得ることができます。

日本の銀行では平均して年間0.002%〜0.003%の利息ですので、国内の銀行に預けるより、カンボジアの銀行に定期預金として預けておくだけでも大きなメリットとして考えられるでしょう。

最近では日本のネットバンクなどで定期預金や口座の利息を高めてくれる金融商品もありますが、それでも年利0.1%〜0.2%であるのが現状です。
国内の銀行と比較するといかにカンボジアの銀行の金利が高いかがわかります。





 (2) 米国ドル預金が可能 
カンボジアの自国通貨は「リエル」ですが、実は「米国ドル」が流通しており、現地の決済手段としてもドルで決済される場面が多いです。
背景としては、内乱終結後に自国通貨の「リエル」が再導入されたものの、十分な信用の担保に値せず、基軸通貨である「米国ドル」がメインで流通していきました。

その為、カンボジア経済は高度にドル化しており、現金流通の80%以上がドル、預金の90%以上が外貨建て(主にドル)と言われております。
よって、不動産投資における家賃収入もドルの場合がほとんどです。

投資の観点からも、値動きが激しい現地の通貨よりも基軸通貨であるドルで運用できる点は大きなメリットと考えられます。
途上国への投資で懸念される為替リスクも、米国ドルがメインであることで軽減できます。





 (3) ネットバンクに対応 
カンボジアの代表的な銀行はネットバンクに対応している銀行が多く、比較的容易に日本へ送金できるのもメリットです。

現地へ渡航することなく開設できる銀行もありますので、たとえカンボジアで不動産投資をされている場合は、受け取った家賃を銀行に預けて、いつでも自由に日本に送金することができます。


 

20220603-2.png




 3. 口座開設のリスクは? 

 (1) 口座凍結リスク 
カンボジアでは、口座を開設してから1年以上の入金が確認できなければ、口座が凍結してしまう銀行がほとんどです。

よくあるパターンとしては、高金利を目当てにまとまった資金を口座に入金しそのまま放置してしまい、不意に口座が凍結してしまうパターンです。
1年以上入金がなければ、口座が休眠状態となってしまうことを念頭に置いて取引を行いましょう。





 (2) 無保証リスク 
日本の銀行ではペイオフ制度があり、仮に銀行が破綻してしまった場合でも預金者の資金は1,000万円まで補償されます。

しかし、カンボジアの銀行では、日本の銀行のように万が一破綻してしまった場合の補償制度がありません
この銀行の破綻に関しては、カントリーリスクとしても捉えられるでしょうが、現実問題カンボジアの経済成長率は大変好調です。

ASEAN諸国の中でもトップクラスの経済成長国であり、今後も高い経済成長が予測されていますので、実際に銀行が破綻してしまうリスクは低いとされています。
自身の資産ポートフォリオのうち、このリスクを許容できる範囲内の預金にしておけば、避けられるリスクと言えます。





 (3) 為替リスク 
これはカンボジアに限った話ではないですが、為替リスクは海外不動産投資において避けては通れないリスクです。

基軸通貨であるドルがメインで流通しているとはいえ、為替の値動きは常にありますので
ドル高・円安のタイミングを見計らって日本円に変えておく必要があります。

現地に移住するなら話は別ですが、日本国から投資を行う以上、円での利益が生まれたかどうかで回収率は決まります。

為替の基礎知識を身につけなければ、せっかく現地の不動産を高い利回りで運用できても、両替のタイミングで損をしてしまいますので、為替の値動きは常に頭に入れておきましょう。





 4. 代表的な銀行は? 

ここまでカンボジアの銀行口座開設におけるメリット・デメリットをご説明しましたが、代表的なカンボジアの銀行を3行ピックアップしご紹介します。


 

20220603-3.png




 (1) ABA銀行 
ABA銀行は2020年にカンボジア最優秀銀行に選出され、今でもその人気は拡大傾向です。
米国ドルの定期預金金利は年利3.5%と高い年利もメリットと言えます。

飛ぶ鳥を落とす勢いのこの銀行は、カナダ系の外資の銀行です。この銀行の最大の魅力はネットバンキングの充実と言われています。
ネットバンクで定期預金を組むことができたり、送金も手軽にできたりするなど、首都プノンペンでも至る所に支店が増えてきています。

基本的には現地の方を対象とした銀行である為、口座開設においては労働許可証が必要との情報もありますので、情報を調べておきましょう。
現地の信頼のおける不動産業者などに尋ねてみても良いでしょう。





 (2) アクレダ銀行 
カンボジアで唯一カンボジア証券に上場している銀行がアクレダ銀行です。
非常に高い金利で有名であり、5年定期の金利は年利6.5%と非常に高い水準です。

また、三井住友FGが筆頭株主であり、オリックスも高い株式シェアを保有しております。日本国の金融機関でおよそ3分の1の株式を占めている点も安心感につながります。
また、郵送で口座開設手続きが完了する為、日本に居ながら口座を開設することができます

海外送金も簡単で、日本の銀行への送金もインターネットバンクで完結します。
また、デビットカードも発行ができますので、高金利の定期預金→利息収益をそのまま日本でデビットカードで使用、という高金利口座ならではの使い方も可能です。





 (3) カナディア銀行 
カナディア銀行もアクレダ銀行と並びカンボジアの代表的な銀行です。
シェア率も高く、預金資産額はカンボジアの銀行の中でもトップクラスです。

この大きな資産規模は、途上国であるカンボジアの銀行の中でも破綻リスクは低いと言える要因になるでしょう。
また、カナディア銀行はみずほ銀行、三菱UFJ銀行と提携している為、サービス体制が整っているので安心して利用できます。

デメリットとしては実際に現地に赴かなければならない点ですが、日本語で対応してもらえるので逆に安心できるとも言えます。





 5. まとめ 

今回はカンボジアの銀行口座の開設に関して、そのメリット・デメリットをご紹介しました。

もちろんリスクは伴いますが、高金利のドルの運用など、国内の銀行では得ることができないようなメリットもあります。

リスクとメリットを比較しながら、ぜひ検討してみましょう。

 

執筆者:荒木 杏奈

アンナアドバイザーズ株式会社

日本とカンボジアを拠点に、国内・海外不動産業を展開。

PickUP