BLOG

【キャピタルゲイン税の導入予定日|カンボジアニュース】 カンボジア不動産はアンナアドバイザーズ

2022/02/23

 

こんにちは、アンナアドバイザーズの荒木杏奈です。
今回は、カンボジアのキャピタルゲイン税についてお伝えいたします。

カンボジアのキャピタルゲイン税(CGT)の導入が、2024年1月に先送りされるそうです。これで3度目の延期となります。

現在カンボジアでは、法人での不動産売却時は20%のキャピタルゲイン税が課されていますが、個人による売却時には課されていません。



【どのように変わるのか】

導入後のカンボジアのキャピタルゲイン税は、資本資産の売却による一律20%の税率です。不動産、リース、投資/金融資産、商品(ライセンスおよびブランディング)、知的財産、および外貨の販売から得られる資本を対象としています。

課税ベースを居住者納税者と非居住者納税者に拡大。
これらのカテゴリーに該当する人は、利益を実現してから3か月以内にCGTを支払う義務があります。



参考:Khmer Times

 

海外不動産、東南アジア投資が初めての方、他社と比べてみたい方、日本円以外での資産形成を検討したい方、他国のように海外送金が難しいのでは?管理など面倒では?とご心配の方、ぜひ弊社にお問い合わせください。

 

 

note_カンボジア不動産お..