CONCEPTコンセプト

カンボジアで不動産投資をご検討されているなら当社まで

物件紹介

海外不動産の中でも、カンボジアの不動産が人気の理由とは

近年、海外不動産投資に注目が集まってきているのをご存じですか?
日本国内は不動産市場が成熟期を迎え、今後は少子高齢化が加速していきます。時間の経過とともに市場の環境が変わっていくのに合わせて、効果的な資産運用の方法も変化していきます。そのため、国内から海外へ目を向ける投資家が増えてきているのです。

海外の投資先のなかで、より注目度が高いのは、安定した経済成長が続く先進国よりも、これから著しい成長が見込める新興国のなかで「なぜカンボジアなのか」というと、この先の成長性が期待できるからです。

そして、東南アジアで唯一アメリカドルよる通貨利用が可能です。カンボジアの自国通貨はリエルですが、実質的にアメリカドルの使用も可能です。街中の買い物はもちろん、家賃収入もアメリカドルが使えます。東南アジア諸国の中にはカンボジア以外にも経済が好調な国は多く存在しますが、アメリカドルで家賃を得られるカンボジアは特に為替リスクを抑えやすいといえるでしょう。

カンボジアにおける不動産の運営や賃貸、投資や管理、仲介なら、強力なネットワークと販売実績を持つ当社アンナアドバイザーズにご相談ください。毎週、オンラインセミナーも開催中です。
当社には現地を良く知る日本人スタッフが在籍しておりますので、安心してお任せいただくことができます。

SERVICEサービス

カンボジアで不動産投資をお考えならご相談ください

カンボジア不動産を投資対象としてオススメする理由

  • 海外不動産投資で重要なポイント

    海外不動産投資をする際に押さえておくべきポイントとして、最も基本となる前提条件は、成長性です。
    成長性は2つの視点に分けて考える必要があり、1つは投資する物件そのものの成長性、もう1つは投資対象の不動産がある国の成長性です。
    通常、不動産価格はその国の成長率に比例すると言われており、安定的に成長する国では、不動産価格も継続的に成長するケースがほとんどです。
  • 海外不動産投資の投資環境

    海外不動産の購入や保有、売却をするにあたって、必ずコストがかかることを忘れてはなりません。
    新興国では社会情勢の変化によって比較的短時間のうちに法律の内容が変わったり、新しい法律がつくられたりすることも少なくないので、その点を理解した上で投資先を考える必要があるのです。

    海外不動産投資をする際には、国を様々な視点で観察し、有力な投資先を選定することが大切です。
  • 海外不動産投資で意識すべきポイント

    資産運用で意識すべきことは次の2つになります。

    ①リスク資産活用による運用を検討する
    ②円資産にこだわらず、外貨建て資産の割合を増やす

    そこで、リスク資産であり【米ドル建て】が可能なカンボジアが、分散投資先の一つとしてお勧めできます。
『アンナ社長』カンボジアンナ
『アンナ社長』カンボジアンナ
COMPANY会社概要

カンボジアの不動産投資に関するご相談は当社まで

概要

会社名

アンナアドバイザーズ株式会社

代表取締役

荒木 杏奈

日本本社

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-3-1 東京虎ノ門グローバルスクエア5F

取引銀行

みずほ銀行 銀座通支店

資格

宅地建物取引士

免許番号

宅地建物取引業 東京都知事免許(2)第99967号

お問合せ

info@annaadvisors.com

Tel

03-4405-3655

Fax

03-4586-9907

カンボジア住所

CASA by Meridian, Orient Tower 1st Floor, Unit A01, No. 1, St. Harvard, Diamond Island, Tonle Bassac, Phnom Penh, 120101, Cambodia

アクセス

東京メトロ 虎ノ門駅より直結・徒歩1分(12番出口)
東京メトロ 霞ヶ関駅より徒歩4分(A12出口)
都営地下鉄 内幸町駅より徒歩6分(A3出口)
東京メトロ 虎ノ門ヒルズ駅より徒歩6分(地下通路直結)

所属団体

公益社団法人全日本不動産協会
一般社団法人RE AGENT(理事長)
一般社団法人東京ニュービジネス協議会(NBC)

Newsletterメールマガジン登録

カンボジアの不動産投資に関するお役立ち情報を配信

gahag-0115920379-1

 

アンナアドバイザーズのメルマガ

カンボジアの最新注目ニュース、海外不動産投資でプロがカンボジアを選ぶ理由、セミナーのご案内、オススメ物件情報、カンボジア現地情報などをお届けします。



 

こんな方におすすめです

 

  • カンボジア不動産投資をご検討されている方
  • 海外不動産投資をご検討されている方
  • 新興国などの世界のマーケット情報を知りたい方
  • 投資に関心がある方
  • セミナー情報をいち早く知りたい方
Q&Aよくある質問

カンボジアで不動産投資を行う当社のサービス内容

カンボジア等、国内外の不動産を扱っております

現在日本在住ですが海外不動産投資を希望しています。融資は組めますか?

海外不動産投資は、日本の不動産投資よりはハードルが高くなりますが、ご自身の資産状況や物件などによって融資を受けることが出来ます。まずはお問い合わせください。

利回り保証の物件を購入しました。利回りの入金の際に、カンボジアで14%の源泉徴収が引かれますが、日本でさらに所得税かかりますか?

14%の源泉徴収がカンボジアで引かれ、そこから日本で所得税が引かれます。
ただし、二重課税になりますので、あとで14%のうち、いくらかは控除が出来ます。
確定申告の際に、税理士先生に利回り保証の明細書と一緒にお尋ねください。

購入価格の他に経費などはどのくらいかかりますか?

どこの国への投資をご希望か、キャッシュ購入か融資を使うかによります。
例えばカンボジアは、米ドル投資が可能で、キャピタルゲイン課税がなく、固定資産税が物件評価額の0.1%など、経費が低く済むような案件もご用意がございます。
お気軽にお問い合わせください。

日本から物件を見ずに購入するのが不安です。

もし一度現地に来られるのであれば、物件視察ツアーをし、街の雰囲気を味わっていただくのもよろしいかと思います。
ご希望の方はご連絡ください。実際購入する際は、別途写真などをしてお送り致します。

購入後のサポートは全てお願い出来るのでしょうか?

はい、お任せください。海外不動産の場合、購入後のサポートが一番大切だと考えております。
日本国内と違い、距離がありますし、言葉や風習、制度などが大きく異なりますので、お客様の代わりに弊社が現地で対応致します。

Characteristic特徴

カンボジアの不動産に関する詳しい情報は当社まで

カンボジアの優良不動産をご案内しニーズにお応えいたします

カンボジアの不動産に関心をお持ちの方は当社までお気軽にご相談ください。
親日国としても知られ、プノンペンまでの直行便が運行スタートする等、とても便利に行き来することができますし、商取引の多くが米ドルで行われておりますので、実質米ドルで土地や建物の運用が可能というメリットもございます。
カンボジア不動産は世界の投資家から注目されている魅力な投資対象です。
当社は現地情報に詳しいスタッフが物件の賃貸や管理を担当しておりますので、言語や文化の異なる地域への投資を安全に行っていただけます。
カンボジアの不動産へ投資いただくための有益な情報のご案内や、賃貸や管理、投資等資産運用について、お客様の立場を考えてアドバイスをさせていただきますので、ぜひご利用ください。
現在の経済成長率は7%と国内とは比較できないほど高く、将来的にはさらに大きな経済成長が見込まれる東南アジア地域の物件に投資いただくことで、大きなリターンを得られる可能性がございます。
また、当社といたしましても、「投資を通じてアジアの発展に貢献しつつも、その成長を日本に還元する」という理念を実現することが可能です。

カンボジアの不動産投資を通じてアジアの発展にも貢献いたします

カンボジアでの不動産投資に関するご相談ならぜひ当社にお任せください。
土地や建物への投資は金融商品としての地位をすでに確立しておりますが、皆様にとってより身近な投資先としてお選びいただけるように、常にお客様の立場を考えた適切なご提案やアドバイスをできるようにと考えております。
カンボジアの不動産投資というのはまだまだ一般的でないので経験がない方がほとんどですし、不安を感じていらっしゃる方も多いでしょう。
当社ではお客様に安全に投資を行っていただける環境づくりにも注力しており、現地の状況を詳しく知っていただくためのツアーも企画しているだけでなく、現地を良く知るスタッフが物件のご案内や管理等を行っております。
カンボジアの不動産は経済成長の流れにも乗って今後も大きく成長していくことが考えられますので、ぜひ当社のサービスをご利用いただいて安心・安全に物件をご購入ください。
当社ではできる限り安全性・確実性を高めてお客様の資産活用に適切なアドバイスを差し上げるとともに、投資を通じてアジアの発展に貢献したいと考えております。